学歴・職歴の基本

履歴書を書くにあたって、必須項目は学歴と職歴ですね。

履歴書の学歴・職歴欄は、アルバイト・パート、派遣登録、
正社員へむけての新卒・中途採用のいずれにもかかわらず、
漏れなく正しく書く必要があります。

初めてのアルバイト・パートや、新卒の場合、
履歴書の学歴・職歴欄の正しい書き方に自信がないことも
あるでしょうね。

購入した履歴書についている書き方例や、アルバイト・就職情報誌で
紹介されている履歴書の書き方例を見本にして書きましょう。

履歴書の学歴の書き方ですが、基本的には、
義務教育までは卒業年のみ、高校以上は入学・卒業年を記入します。

最終学歴については、専攻まで漏れなく記載します。

その専攻と希望職種にズレが感じられるような際には、
面接の時にその理由をたずねられる場合が多いので、
前向きな答えができるように考えをまとめておきましょう。

履歴書の職歴の書き方ですが、中途採用では最も重要視される項目と
考えて正しく書くようにしましょう。

特に同業内での転職の場合、仕事内容、仕事の習熟度は
相手もある程度、理解していると考えてよいようです。

転職を重ねている場合には1社あたりの在籍期間がチェック
されることを念頭において履歴書を書きましょう。

マイナスイメージがあるかもしれませんが、幅広い見聞を
身につけたとプラスに転じられるよう、自己PR欄に
つなげる工夫をするとよいですね。

履歴書の書き方例関連の記事でした。