就職・転職の志望動機

春は新卒の就職活動準備のシーズンですね。
最近は中途採用も年中応募していることが多く、転職を
考えている方も何かと慌しい時期なのかもしれません。

履歴書の書き方で、アタマを悩ませるのが「志望動機」では
ないでしょうか。

履歴書は形式的なものと考えがちですが、書類選考の第一歩です。
履歴書の欄としては小さくても重要な「志望動機」。
応募する企業に対する熱意をうまく表現する履歴書の書き方を
マスターしたいですね。

履歴書の志望動機の書き方例は、多くの就職活動関連本や
インターネットサイトに紹介されていますが、そのまま
書いたのでは自分の熱意は伝わりません。

これまでの自分の経験・キャリアや、今後の目標・人生設計など
十分に分析し、自らの強みを生かせるのがその企業であると
感じた理由や、自分が感じたその企業の魅力を伝えます。
自らがその企業に貢献できることを履歴書の志望動機で
アピールするようにしましょう。

特に転職では、同業種転職・異業種転職にかかわらず
自分のキャリアをどう発揮できるかがポイントになるでしょう。

履歴書の書き方例を参考にしながら、自分の言葉をつむぎ出して
自分の意欲・キャリア・人柄が伝わる履歴書を書きましょう。

うまく人事担当者の心をキャッチして、次の選考ステップに
つなげたいですね。
履歴書書き方例に関連する記事でした。

資格について考える

新卒採用・転職の中途採用にかかわらず、会社の選考の
第一歩は履歴書ですね。

履歴書の書き方ひとつで、合否があっさり決まってしまいます。
「選ばれる履歴書」の書き方をマスターしたいですね。

履歴書の書き方例は、就職支援サイトなどをチェックすると
詳しく紹介されています。

自己PR・志望動機に関しては、多くのサイトや就職活動の
関連書籍に書き方が紹介されていることが多いので、
自分の強みや、志望の熱意が伝わるよう、内容を整理して、
簡潔に履歴書に書くとよいですね。

履歴書に書く資格については、志望する会社によっては
合否の判断基準になりえるようなので、書き方に注意したいものです。

応募する企業の体質や、職種の専門性によって
求められる資格も変わってきます。

新卒採用・転職の中途採用のいずれにおいても、
志望する会社が条件としている資格があるかどうかを
事前に確認したうえで、記入する資格を選ぶとよいでしょう。

就職支援サイトなどで、資格別に企業がどう受け止めるかなどを
分析した結果が紹介されていることもあるので、履歴書の
書き方の参考にしてみましょう。

なお、履歴書に書かれた一般的な資格については、
企業としては、前向きにチャレンジしているかなどの積極性や、
現在興味があること・スキルについて把握できると考えているようです。

履歴書書き方例に関連した話でした。

学歴・職歴の基本

履歴書を書くにあたって、必須項目は学歴と職歴ですね。

履歴書の学歴・職歴欄は、アルバイト・パート、派遣登録、
正社員へむけての新卒・中途採用のいずれにもかかわらず、
漏れなく正しく書く必要があります。

初めてのアルバイト・パートや、新卒の場合、
履歴書の学歴・職歴欄の正しい書き方に自信がないことも
あるでしょうね。

購入した履歴書についている書き方例や、アルバイト・就職情報誌で
紹介されている履歴書の書き方例を見本にして書きましょう。

履歴書の学歴の書き方ですが、基本的には、
義務教育までは卒業年のみ、高校以上は入学・卒業年を記入します。

最終学歴については、専攻まで漏れなく記載します。

その専攻と希望職種にズレが感じられるような際には、
面接の時にその理由をたずねられる場合が多いので、
前向きな答えができるように考えをまとめておきましょう。

履歴書の職歴の書き方ですが、中途採用では最も重要視される項目と
考えて正しく書くようにしましょう。

特に同業内での転職の場合、仕事内容、仕事の習熟度は
相手もある程度、理解していると考えてよいようです。

転職を重ねている場合には1社あたりの在籍期間がチェック
されることを念頭において履歴書を書きましょう。

マイナスイメージがあるかもしれませんが、幅広い見聞を
身につけたとプラスに転じられるよう、自己PR欄に
つなげる工夫をするとよいですね。

履歴書の書き方例関連の記事でした。

一番注目「自己PR」

履歴書の書き方例の関連記事です。
履歴書の自己PRの書き方、本当に難しいですよね。
新卒・中途採用にかかわらず、履歴書で企業が一番注目している
項目が自己PR欄ではないでしょうか。

履歴書の自己PRの書き方は、ありきたりの表現を避けた
自分なりの表現で入社の意欲を伝えるとよいでしょう。


まず、履歴書の自己PR欄を書く前に、自己分析をしてみましょう。
自分のこれまで努力してきたこと、強みと弱みを整理します。

思いつかない場合は、「社会の中にいる自分」「仕事をしている自分」
「余暇を楽しむ自分」がそれぞれどんな考えを持ちどんな行動を
しているか、思いつくままに書き出してみると、自分らしさが
見えてくるそうです。
この3つの分類の共通点が、履歴書の自己PRポイントに
なることでしょう。


履歴書の書き方は、就職活動本や支援サイトに詳しく成功例が
紹介されていますので、じっくり読んで参考にしましょう。
ただし履歴書の書き方例のまる写しは企業の人事担当者には
すぐにわかってしまうので、自分らしい表現で書くことが必要です。


当然、雑な字で書かれた履歴書の自己PRからは、
どんなに熱意があっても、どんなに人柄がよくても、
企業に自分が伝わりません。

履歴書は一字一字読みやすい丁寧な字で書くように
するのは当然のことですね。
履歴書書き方例関連の記事でした。

アルバイトに応募しよう

履歴書書き方例に関する記事を書いています。

新学期が始まりましたね。
この春、新しいアルバイトを探している人も
多いのではないでしょうか。

アルバイトに応募するとき、選考のポイントになるのは
なんといっても履歴書ですね。

履歴書の書き方がよくないと、面接にもたどり着けない
ことさえあります。

今まで何気なく書いていた履歴書の書き方を見直して、
希望するアルバイトを気分よく始めたいものですね。

履歴書の書き方については、さまざまなインターネット
サイトで書き方例が紹介されているので参考にしましょう。

忙しくて時間がない場合でも、アルバイト情報誌には
履歴書の書き方について、注意事項や例が紹介されて
いるものです。最低限、注意しておきたいですね。

アルバイト応募の履歴書の書き方は、正社員応募と違い、
一字一字丁寧に読みやすく書き、必要事項に記載漏れの
ないようにすれば基本はOKです。

郵送の場合、履歴書はコピーを取って保管し、郵便局の窓口に
直接出すようにしましょう。
履歴書の提出年月日は投函する日付を書きましょう。

履歴書は鉛筆ではなくボールペンで書きます。
アパート・マンションに住んでいる場合、建物名と部屋番号まで
略さずに記載します。
氏名欄のふりがなは忘れがちなので注意しましょう。

履歴書書き方例関連記事1でした。